2021年12月19日

楽天ポイントカードの罠と失効とポイント復活の話

楽天ポイントは使わなければ1年で失効すると思ってた。
しかし、実際にはポイントを使っても失効してた。
原因を調べると、楽天ポイントは利用ではなく普通ポイントの獲得実績げ必要とのこと。
某ショップで6ヶ月前に110円分のポイントを利用してた。しかし、200円で1ポイント付くためこの利用履歴は残るがポイント加算話しで失効になっていた。
この原因が当初分からず楽天に調査を依頼したら、ルールを理解していなかったこちらが悪いのだが、今回限りということでポイントを復活してもらえた。
楽天は規約重視で冷たい対応だと思っていたが意外な対応で驚いた。
また、使わなければ1年で失効ではなく、普通ポイント加算がなければ1年で失効ということを知らなかった。
よくわからないポイントは貰ったらすぐに使う。
これが一番の防衛策と感じた。
posted by makewls_blog at 12:52| Comment(0) | 日記

2021年12月03日

インク落としなど、消毒用エタノールは無水エタノールの代わりに使えるか?

家では何かと便利な無水エタノールを使っていました。
ちょっとした汚れにも使えますし、薄めれば消毒用アルコールとしても重宝します。
ただ、いかんせん高い!

そこで、家で最も使う用途であるカビ退治のための消毒用アルコールで油性インクの汚れが落ちるか実験してみました。
結果的には使えませんでした。
残念!




posted by makewls_blog at 12:31| Comment(0) | 日記

2021年11月22日

目覚まし時計の電池は何月に交換すべきか?私説答え→夏の終り

目覚まし時計など切れると困る電池、何月にするのが良いか?

私は年に1回予備交換を兼ねて電池交換をしている。
使わなくなった電池はいつ切れても問題ないもので使ってる。

大体の製品は1年位持つので問題ない。
しかし、ちょっと品質の悪い電池を買ってしまった場合、1年持たないかもしれない。
ちょっとだけ使っている電池をなんとか使おうということもあるかもしれない。

そこで電池を何月に交換するのが一番いいのか考えてみた。
私説に寄る答えは、「夏の終り、秋に向かう頃」

なぜか?

電池は一般に温度が下がると電圧が下がる。逆に温度が高ければ電圧が上がる。
つまり、寒くなる前に電圧の高い電池に交換して冬を乗り切る。
そうすると若干電圧が下がっても気温が高ければ寒いときよりも電圧は出やすい。
寒い冬を乗り越え、気温が高くなれば電圧が回復し安心して1年使え可能性が高くなると想像してみた。

posted by makewls_blog at 11:44| Comment(0) | 日記

2021年06月25日

エラーコード◆マネックス証券◆ただいま単元未満株のお取引を受付しておりません。(5000,-511) 

エラーコード◆Monex証券◆ただいま単元未満株のお取引を受付しておりません。(5000,-511) 
これの意味するところは?

Monexのワン株注文時間はこちら

当日分の注文受付は、11時30分までとなります。

  • 11時30分から17時の間は、注文を受付けておりません。
  • 17時以降にいただいたご注文は、翌営業日分のご注文となります。
  • 3/9月末は決算銘柄多数のため停止期間を設けます。(権利落ち日を含む3営業日前までの3日間と月末最終日
2021/06/25 調べ
posted by makewls_blog at 13:55| Comment(0) | エラーコード

2021年06月24日

国民年金基金へ加入したら、おそらく最もお得な年金であろう国民年金の付加保険が二度と掛けられなくなるらしい。なんとか掛ける裏技がないか調べてみた。

国民年金基金に加入したら、国民年金の付加年金に加入ができなくなるそうだ。
一般に、国民年金基金したら脱退ができない為とされている。

国民年金の付加保険はネットでググると分かるが圧倒的にお得な年金制度。
ただし、貰える金額も少ない。しかし、圧倒的にお得である。
掛けてる時に心変わりして、年金基金から付加年金へ変更するにはどうすればいいのか?

国民年金基金の事務所に電話してみた。

そこで聞いたのは、2つ方法があるそうだ。
というか、脱退れば可能とのこと。任意脱退や掛け金を納めない場合には
することになるので、改めて国民年金付加年金をかけるか再度国民年金基金に加入することができるそうだ。

国民年金基金を脱退できる条件
・脱退の条件は、国民年金が免除や猶予などになった場合。
・厚生年金/共済年金に加入した場合。

他にもネットで調べると
・第1号被保険者でなくなった時(海外転居や会社員になるなど)
・被扶養配偶者(第3号被保険者)になった時
な条件も見つかった(引用元 https://blog.ncbank.co.jp/posts/25)
posted by makewls_blog at 15:46| Comment(0) | 日記