2018年12月30日

最近やたらと快便なので、もし、残便感があってる人には当てはまるかも

一言で言うと、残便感が濃いめの酒粕(甘酒にして飲む)を食べることで解消した。

当方、特に便秘体質ではなく真反対であるが、それでも寒くなり特に少食な方で残便感があり不快だった。
最近、酒粕をそこそこ濃い目で飲むことが増えた。
つぶつぶ感がありおかゆみたいな形で食べている。
1日にコップ二杯程度、砂糖は一切なし(昔はペットシュガー0.5-2本程度入れていたが今は酒粕の甘みだけで食べられる)。

酒粕については、どこでも変わらないとは思うけど個人的には
賀茂鶴の新酒粕4kg詰 (楽天で購入)
が安めでたっぷり飲めるのでおすすめかも。
送料については、以前問い合わせた時酒粕のみ同封発送の場合、
1箱から5箱までは、送料は600円、6箱以上は合計が10,000円以上となり無料とのことだった。

ただ、酒粕という商品はそもそも好き嫌いがあるだろうから、まずはお近くのショップで400g入程度のもので試してみるのも良いかも。ただ、本当に難しいのが酒粕の味はあまりにも幅広い差があり美味しいものとそうではないものの区別がつきにくいことだ。とりあえず、個人的な好みで失敗が少ないのは、
見た目が白く、大吟醸、しっかりと保冷保存がしてあり、賞味期限が長い、ばら粕(板粕ではない)、大手商品ではない(ご当地ではとても有名な規模の酒蔵が良い)ものであれば比較的ハズレは少ないと思う。

なお、酒粕は同じ銘柄のものですら時期や樽に寄ってかなりの違いがあり味も食感も違う。
個人的には奈良漬臭のする酒粕は嫌いであるがなかなか良いものがなくいつも探してる。
とりあえず、賀茂鶴の新酒粕4kg詰が美味しかった。
ただ、4月ころに店頭で冷蔵もせず余ってるものをうっかり購入すると、酷い奈良漬臭がして激まずだった。

生産直後がきっと美味しいのだろうし、発酵が進まないようにしっかりと冷蔵されたものが美味しいのではないかと思う。
なお、余分なカロリーや砂糖は取りたくないので普段は砂糖を使わないが、砂糖を入れるとマズい酒粕でも飲めた味になった。
posted by makewls_blog at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Windows 10 で logicool MX-R (MX-Revolution) のマウスでsetpointが使えない

とりあえず、対症療法になるが8年も前の古い記事ではあるがこれでうまく行ったので書いておく。
解決方法だけ書くと、USBを抜き差しすると直った。
原因は、WindowsOSがロジクールのUSBを認識していないことらしい。
https://logicoolman.blogspot.com/2010/04/setpoint.html
posted by makewls_blog at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月25日

寝ている時の夢に二次元の嫁を登場させたい

結論を一言で書くと、「Oculus Rift」+「カスタムメイド3D2」みたいな臨場感あふれるゲームをすればいいだろうという話。

常日頃から考えていることがある。
ここ20年ほどなんとか二次元の世界に入ることはできないだろうか?
せめて寝ているときにだけでもリアルな二次元嫁と一緒に過ごせないだろうか?

寝る前に絵を見ても頭の中でそれを綺麗な3Dには再現ができない。
ちょっと違うが例えるなら、5円硬貨や50円硬貨を鉛筆と紙を用意して実際に紙見書いてみて欲しい。
例えば漢数字であったか算用数字であったか、複雑な絵ではないシンプルな部分の絵すら描けないほうが普通ではないだろうか?
つまり私が言いたいのはとてもいい感じの二次元の絵を見ても一般人にはその絵を正しく脳裏に焼き付けることはできないのではないかということだ。
更に、それを3Dにして頭の中で再生するとなると二次元嫁が自由気ままに動いている姿を見たことがあるなどの経験が必要ではないかと思った。
逆に考えればそういった体験があれば細かい足の動きなどは記憶ができなくても頭の中では再現ができた気持ちになれるのではないかと思った。

前置きが長くなったが、3D空間に没入する体験をすれば次からは二次元の絵を見てもある程度は脳の中で再現ができるのではないかと仮設を立てた。

結果としては大当たりで、「Oculus Rift」+「カスタムメイド3D2」の組み合わせでOculusの中で二次元嫁と戯れることで一般的な虹な画像から様々なシチュエーションが想像できるようになった。投資に見合うだけのリターンが得られた気がする!
もし、なんと二次元嫁と夢の中やもしくは寝起きや寝付きのまどろんでいる時に夢に登場させたいと願っているなら、この書き込みがきっと役に立つはずと思って書き記す。

まぁこのあたり人によって大きく違うだろうし誰にでも当てはまるとは限ららないので悪しからず〜
posted by makewls_blog at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年12月19日

LogicoolのSetPoint、ショートカットキーが保持されない、リセットされる問題について

LogicoolのSetPointについて、アプリケーション固有のホイール設定が再起動などをするとリセットされ保持されない問題について
2018-12-19現在、一応解決したので記載しておきます。

いろいろ試してみたところ、とりあえずSetPointのバージョンを変えても意味がありませんでした。
うまく言ったのは設定ファイルと思われるファイルを読み取り専用にしてしまうことです。
具体的には以下のような感じです。

Windows 10 Pro 64ビット MX-R SetPointコントロール センター 6.30.41
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Logitech\SetPoint\user.xml
に様々なショートカットキーの設定が保持されているようです。
これを、右クリック→プロパティ 読み取り専用 に チェックを入れるとパソコンを再起動しても、アプリケーション固有のホイール設定が保持されるようになりました。なお、ショートカットキーを変更したり追加したり、もしかすると、マウスのレシーバーのUSB挿し位置を変えるなどするとつかなくなるかもしれません。その場合には適宜user.xmlの読み取り専用チェックを外して設定してください。
posted by makewls_blog at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月17日

Amazonのレビューが投稿できなくなったがやっと制限解除された件について

アマゾンについて最近は楽天で買うことが多くめったに利用していませんでした。
それでもたまにアマゾンで購入しかなり良い商品だったのでレビューを投稿しようとすると、

「申し訳ありませんが、お客様のレビューを受け付けることができません。 お客様はAmazonのコミュニティガイドラインに違反したため、Amazonで商品をレビューすることを許可されていません。」

このようなメッセージ表示されどの商品にも投稿ができなくなっていました。

私の場合、すごくいい商品か悪い商品のみ投稿をするため、
おそらくですがとある製品でアレルギー反応を起こしそのことについて率直に書いたのが原因で制限されたものと思います。

制限解除については、アマゾンのチャットから問い合わせルト部署が違うのでメールをして欲しいという事でそちらにメールをしました。
調査には1ヶ月程度の時間を要し、以下メールにより無事制限が解除されました。
思いの外時間がかかりました。

ただ、こういった制限解除が手間で連絡しない人も多いと思います。
アマゾンのレビューには悪いレビューも載っていますので、クチコミ情報としてはそれなりに信用していたのですが、考える必要があるかもしれません。

==================
平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回の状況を調査し、該当の投稿を元の状態に戻しましたことをお知らせいたします。投稿が再び表示されるまで、最長で24時間かかる場合があります。本件についてご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

レビューモデレーター
www.amazon.co.jp
==================


余談ですが、以前ノジマにレビューと投稿した時にはレビューそのものが載りませんでした。
クチコミ情報についてですが、ホームページの運営者は商品が売れることが重要ですので、忌憚なく自由に発言して見られるサイトというのはかなり限られているかもしれません。特に悪い情報というのは利益相反となりますので現実問題として運営上ガバナンスが効きにくいというのがありそうです。

独断と偏見ですが、現在のところ信用できるのは価格.comのレビューや2ch/5chなど桜も含めて自由に書き込めるため情報が錯綜してはいますが利用価値が高いかもしれません。あと、楽天については楽天本体が販売しているところ(koboなど)のレビューは削除されたという話を聞きますがそれ以外は結構悪い評価も普通に乗っていますのである程度信用できるかもしれません。

あとは、ご自身である程度節度を持った悪い内容のレビューを投稿してみて削除されないければ比較的信用できるなど利用者自身でのサイトへの評価も必要かもしれません。
posted by makewls_blog at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記